トップページ >> 花輪長者について

こおりやましおおつきひがしちいきのしょうかい

JR郡山駅の南西5kmに位置し、40年間で急速に都市化が進行した地域です。
世帯数は約1550。

地域内に朝日が丘小、郡山七中、大槻東地域公民館があります。

まちとしての機能や文化は未整備で、住民同士の心のつながりが希薄となっていることから、地域住民の一体感の形成と、子どもたちのふるさとづくりが不可欠と考え、「大槻東地域の活性化と子どもたちのふるさとづくり」を基本コンセプトに、ふるさとつくり隊を結成しました。


つくり隊メンバーによる民話作り、音頭、踊り、ねぷた、みこしの製作。ついに2008年11月『第1回花輪長者まつり』開催にこぎつけました。皆さんの協力の賜物です!

静御前を助けたといわれる花輪長者。今もひっそりと長者様の塚が公園の片隅にたたずんでいます。その花輪長者さまにスポットを当てて、地域おこしとこれからの子どもたちのふるさと作りのために地域全体のまつりを作り上げました。

大きな地図で見る

イラストマップはこちら(PDFファイル 5.7MB)

ふるさとつくり隊規約(docファイル 21.5KB


私たちふるさとつくり隊は大槻東地域のこれからの子供たちのふるさとつくり、また地域の活性化を目的として結成されました。メンバーは地域の選ばれし有志と公民館員で構成されています。
仕事の傍ら、NPO法人福島県緑の森協力隊副理事長も兼ねて、最もメンバーの中でも多忙な毎日を過ごしているわれらが心やさしき隊長。もっか孫が眼の中に入れても可愛くてしょうがないデレデレなお爺ちゃんでもある。

地域保健委員ほか、いろんな分野で活躍中。気のやさしいご主人と素敵な息子さんとの楽しい食卓を囲む毎日。

今春、教員を退職。多彩な才能を持ち、お習字の先生、卓球の指導、そば打ち・・・と、スケジュールがびっちりの日々を過ごす。

メンバー最年少・・・とは、言っても幼稚園、小学校の子供を持つ二児の母。仕事を持ちながら家庭につくり隊にと大活躍。「鬼嫁」の別名もチラホラ・・・

公民館主事、たいていのことは任せて安心!いつも笑顔でまとめ役。

買い物からねぷた絵まで、とりあえず何でもやっちゃう(笑)主婦代表。お菓子作りの講師の別の顔を持つ。楽しいことが大好きがモットー。

そば同好会副会長。おいしいもの大好き、楽しいこと大好き。現在、大槻東地域公民館館長もやってます。

むかし校長先生や公民館館長もやっていました。大槻東地域の歴史にとても詳しく本も出しています。

一見、ちょい悪。青少協指導員で、子どもたちの人気者。話してみると楽しいロマンスグレー。

元教員。町内会役員など歴任、多忙な日々を過ごす。家族同様の愛犬と可愛いお孫さんに囲まれての毎日。

地域指導員。可愛い息子と娘の二児の母。なんでも引き受けて、時にはパンク寸前も・・・。元気だけは誰にも負けません。

育成会役員。しっかり者の奥様とすっかり手の離れた息子さん、末のやんちゃ坊主には目を細める優しいお父さん代表。

大槻東地域版、細腕繁盛記。ツーリングが趣味という、活動的な一面も。

元小学校校長。多忙な中、つくり隊に参加。いつもニコニコ癒し系代表。

素敵な旦那さまと二人で愛犬の散歩が日課。時には遠くまでドライブする仲良し夫婦。

元・公民館主事。現在はちょっとのんびり。フラダンスをこよなく愛す、可愛いお孫さんもいる良きおばあちゃま。

公民館主事。ギターにコーラスにと多彩な才能を持つ。只今、高校球児の息子の自称応援団長。

公民館主事。優しいご主人と、眼の中に入れても痛くない息子さんを持つ。公民館では、お年寄りの良き相談相手。

長年、小学校のお習字の先生をしています。詩吟に山登りと、たくさんの趣味を持つ。大工仕事も任せろ!のスーパーマン。


トップページ >> 花輪長者について